その喫茶店には、トイレが一つしかなかったのである。

洒落た店内の雰囲気と同様、トイレの装飾も瀟洒(しょうしゃ)で美しかったが、Toiletと書かれたドアを開けた中には、広い洗面所と、そしてその奥にただ一つだけ個室トイレがあるのみだった。

私は小用を足したかったのであるが、この場合、男である私と言えども個室に入らざるを得ない。

私は個室のドアを閉め、そしてカバーごと便座を上げた。

「事件」は、その時に幕を開けたのであった……。

 

 

私が便座を上げた時、トイレのドアが開く音がした。

向こうのドアには鍵がかからないため、誰か別の客が入って来たのである。

私は小用を足そうと思い、ズボンのファスナーに手をかけた。その時である。

個室のドアの向こうから、何やら心地よい香水の香が漂って来た。

何の香というのだろうか。

実に上品で、くどくなく、それでいて男を一瞬で酔わせるような、清楚な芳香であった……。

ドアがノックされる。

私は返事のノックをやり返すと、思わずドアの隙間から、その香の持ち主を確認してみた。

すると、そこに見えたのは、薄桃色のワンピースを着た、髪の長い若い娘の後ろ姿だった。

彼女はトイレが使用中であったため、一旦洗面所の前まで戻って行くと、こちらを振り向いて立ち止まった。

それは、美しい娘であった。

私は思わず息を飲み、その娘の全身を眺めた……。

あれほど美しい娘は、なかなかいない。

それは彼女の漂わす芳香と同様、実に清楚で上品な娘だった。

長い黒髪に真っ白な肌。

顔立ちは上品に整っており、全身から清楚さと気品とが漂い出していた。

ワンピースの襟元には、ごく淡い薄桃色のコサージュが飾られている。

ロング丈のスカートは柔らかく波打ちつつ、ヒラヒラと裾にかけて広がっていた。

何やら、着ている衣裳まで実に清楚な娘である。

年の頃なら、そう二十代の前半か、中頃というところか。

私は一瞬、時が止まったかのように彼女に見とれてしまった……。

しかし、この美しい娘、何やら様子が妙であった。

彼女は手に持った白いハンドバッグを両手でスカートの股間付近に押し当てると、そのまま上半身を前のめりに屈ませて行き、中腰のような姿勢をとったのである。

右手はいったん洗面所に伸び、そしてまたバッグへと戻った。

娘の美しい顔は緊張にひきつり、彼女は白いハイヒールを履いた両足で交互に軽くステップを踏み出したのだった。

(何だ、あの娘……。あんなにオシッコしたくなっちゃってるのか……。)

どうやらその娘は、見たところ相当に「やばい」状態になっているようであった。

あれほど清楚な、きちんとした印象の娘が、何故あんなになるまでトイレを我慢したのか、私には分からない。

病気で異常にトイレが近いのか、あるいは、あまりに上品すぎて恋人の前ではトイレに立てないのか……。

いずれにせよ、あのように美しく清楚な娘が、小便を我慢してうろたえている姿は、私には極めて意外なものに見えた……。

静かに音楽が流れているだけのトイレ内。

娘の鼻から、切迫した息遣いが、ふんふんと聞こえて来ていた。

美しく清楚な、娘の顔立ち……。

私はこの時、自分の胸中に良からぬ着想が沸き上がるのを認めた……。

(このまま、出ないでいてやろうか……。)

そう思った途端、私の中のサディスティックな衝動が一斉に活気づき、うようよと蠢き出した。

私はベルトを外し、ズボンをブリーフごと下ろした。そして先ほど上げた便座を下に戻すと、その上に腰を下ろした……。

私の尿道から小便が流れ出る。

私は小用を足しながら、私の左斜め前方にあるドアの隙間に目を当てて、また娘の様子を覗き見た……。

 

 

娘はステップを踏み、前屈みになったまま大変な様子だった。

私の小用はすぐに済んだが、私は立ち上がろうとはしなかった。

私は自分のモノを右手で握り、静かに、そしてゆっくりとしごき始めた……。

娘は眉間に皺を寄せながら、ふんふんと鼻息を洩らし、右手を洗面所とスカートとの間でせわしなく往復運動させていた。

両足はステップを踏み続けている。

ふくらはぎは逆V字型に開かれており、膝はスカートの下でモジモジと摺り合わされている様子だった。

(もう、洩らしてしまうんじゃないか……。)

私は顔を火照らせつつ、固まり行く自分のモノを右手でしごいて行った。

美しい顔……。

美しい衣裳……。

――あんなに美しく清楚な娘が、小便を洩らしそうになって、あれほど無様に狼狽してしまっているのか……。

私は娘の全身を舐め回すように眺め、モノをしごき続けた……。

上品な化粧を施された、娘の真っ白く整った顔立ち。

襟元に飾られた薄桃色のコサージュ。そしてスカートの腰には蝶結びのリボンがチラチラと見える……。

私のイチモツは、固く太く、熱を帯びながら、大きく勃起して行った……。

コツコツ、コツ……。娘の白いハイヒールが、床でせわしなく音をたてている。

娘は左手首の腕時計を上げて見た。

まだ、それほど時間は経っていない筈であったが、娘にとっては5、6分にも感じられたことだろうと思う。

彼女はすると、前屈みになったままこちらへと近づいて来た。

娘は左手でバッグを股間に当てたまま、ドアの前で右手を上げると、コンコンと2回、ノックをした。

娘の顔がすぐ間近に見上げられる。

実に美しい顔だ……。

こちらの顔は娘には見えていない様子だった。

私は娘の顔を覗き見たまま、無情にもドアをノックし返した。

彼女の顔は明らかに曇った。

鼻から漏れる息遣いが聞こえる。

(それにしても、いい香……。)

私は、娘の放つ芳香を間近に嗅ぎながら、娘の美しい顔や楚々としたワンピースを目の前に眺めつつ、勃起したイチモツを右手でしごいていた……。

と、その時である。

表のドアが開く音がしたのだった。

娘はハッとして姿勢を起こし、脚のステップを小さくした。

ドアから入って来たのは、一人の中年男性だった。

娘は脚をモジモジとさせながら、必死に平静を装おうとしつつ、こちらを向いて立っていた。

男性は個室の前に娘が立っているのを認めると、諦めてすぐにトイレから出て行った。

娘は男が出て行ったのを察すると、ドアの方を振り返り、また洗面所の前へと戻って行った……。

 

 

トイレの中には静かな音楽が流れ続けている。

その中に混じって、床からは娘のハイヒールが発するコツコツというせわしない音が聞こえていた。

娘は泣きそうに顔を歪めて前屈みになったまま、もう一度、左手の腕時計を確認した。

まだ先ほどから1分も経っていない筈である。

娘はまた左手を白いバッグへと戻すと、せわしなく両足でステップを踏み、そして右手を洗面所へ伸ばしたり、また戻したりした。

ふんふんと、娘の鼻から荒い息遣いが漏れて聞こえる。

見ると娘の額には汗が吹き出ており、頬に今、1筋垂れて行くところだった。

(もう、本当に駄目そうだぞ……。)

私は高まる胸の鼓動を感じながら、モノを一層激しくしごいた。

私という人間は、この時、完全に欲望の塊と化していたと思う。

罪悪感などは微塵もなく、私はただ、これから目の前に実現されようとしている信じ難い光景を、心から期待し、渇望し、胸ときめかせて娘を見続けていたのだった。

美しい顔……。

それに、見るからに清楚な薄桃色のワンピース……。

細い足首と、その上のふくらはぎとは、白い薄手のストッキングに覆われて品良く輝いている……。

――この娘が、オモラシをするのだ……!!

私は右手に一層の力を込め、そして前後させる動きをさらに速めた……。

(あの娘がオモラシをする……!

(本当にそんなことが起こり得るのか……!?)

私にはそれが、やはり、どうしても信じられないこととしか思えなかった。

――しかし……、

――このまま私が出なかったなら……!

私の論理は間違っている筈はなかった。

私は、荒くなりそうな息を必死で殺し、そっと(しかし激しく)右手を動かした。

娘はまた左手の腕時計を気にして眺め、そしてこちらへと再び近づいて来た。

柔らかなスカートが揺れ、あの清楚な芳香が私の鼻腔の中へとほんのり入り込んで来た。

コンコン……。

ドアがノックされる。

私はノックをやり返した。

娘の荒い鼻息が聞こえて来る。

娘は、もう一度ドアをノックして来た。

コンコンコン……。

私は、また内側からノックをやり返し、娘の反応を見た。

娘は顔中に汗をかき、苦痛の表情を浮かべながら、中腰になってステップを踏んでいた。

しかし、もはや彼女には諦めて洗面所の前まで戻る余裕はないらしく、もう一度、ドアをノックして来た。

コンコンコンコン……。

ノックの度に回数が増えていた。

娘はもう相当に限界まで近づいているのだろう。

私は隙間から娘を覗き見ながら、右手でモノをしごきつつ、左手でドアをノックし返した。

娘はいよいよ切迫した顔になり、白いバッグを股間に当てながら中腰になってステップを踏んでいた。その腰は今や、はしたなくもクネクネと8の字を描くようにしつつ、せわしなく上下運動を行ない始めてしまっていた。

コンコンコンコン……。

またドアがノックされる。

私はすぐにノックを返した。

コンコンコンコンコン……。

娘は、もはや一瞬も待つことをせず、引き続いてドアをノックした。

私は今度も、すぐにノックをやり返した。

「あ、あ……

っ……。」

すると娘は、かすかな声を漏らすなり、左手で股間に当てていた白いバッグを少し浮かせ、その間に右手を滑り込ませた。

見ると、その直後のこと、柔らかな生地で作られた娘のスカートには、股間部を中心として何本もの皺が、キューッと一気に寄せられて行った。

何と娘は、直接、スカートの股間を握りしめてしまったらしかった……。

娘は、またノックをしようと、今度は白いバッグを持った左手を上げた。

私の目の前には今、股間を握りしめる娘の右手が丸見えとなった。

やはり娘は、股間を思い切り握りしめてしまっていた……。

あの清楚な余所行きワンピースの股間が、あのようにして、あの気品溢れる娘自身の手によって握りしめられてしまおうとは……。

私は自分自身の目を疑った……。

コンコンコン……。

娘は、ドアをノックした。

彼女の息遣いは、もう相当に激しかった。

私は彼女の様子を眺めつつ、また返答のノックをした。

娘は困惑の表情を浮かべ、いったん、バッグを持った左手を股間へと戻した。

しかし彼女は、またすぐに左手を上げ、ドアをノックして来た。

コンコンコンコン……。

娘は腰を無様に突き出して、前屈みになり、股間を強く握りしめながらドアをノックしていた。

その美しい顔には、眉間に皺が何本も寄っている……。

清楚な、整った顔立ちの、きちんとした印象のお嬢さんが、である……。

私は、その姿を見て、一層、股間を熱く膨らませてしまった……。

コンコンコンコン……。

娘はさらにドアをノックし続けた。そして……、

「すいません……。あの……。」

ついに、娘は言葉を発したのだった。

その声は娘の顔と服装の通り、上品で楚々とした、美しく透明感のあるものであった。

「あの、すいません……。」

コンコンコンコン……。

娘は必死に私へ声をかけ、ドアをノックして来た。

「すいません……。」

コンコンコンコン……。

股間を握る娘の右手には、かなりの力がこもっている様子だった。また、腰は8の字を描きながら、上下にせわしなく蠢いていた。

「すいません……。あの……。」

コンコンコンコンコン……。

「あの……。すいません……。」

コンコンコンコンコン……。

と、ここまで来たところで、娘はいったん声もなく両手で股間を押さえ、しばし前屈みになったまま腰をクネクネと動かした。

顔は眉間に皺が寄り、深刻そのものだった。

娘はまた辛そうに左手をドアへと伸ばし、慌ただしくノックをした。

コンコンコンコンコン……。

「あの……、すいません……!」

そして娘は、その時、こう付け加えたのだった。

「すいません……!私……、ちょっと、もう……!」

何と、その美しい娘は、その澄んだ気品ある美声で、切迫した尿意を告白し始めてしまったのだった。

コンコンコンコンコンコン……。

「すいません……!

「あの……、ちょっと、私、もう……!」

コンコンコンコンコンコン……。

「あの……、すいません……!」

コンコンコンコンコンコン……。

「あの……!

「すいません……、私……!

……!」

コンコンコンコンコンコン……。

「私……、もう……!

……!

「私……、

「出ちゃい……

「……そうなんですけど……!」

(――!!)

私の脳髄は、その娘の言葉を聞いた瞬間、痺れ、麻痺した。

――私、出ちゃいそうなんですけど……!

あの清楚な美しい娘の口から出る言葉だろうか……!

私は右手を、さらに激しく動かした。

コンコンコンコンコンコン……。

「すいません……!私……。」

コンコンコンコンコンコン……。

「あの、すいません……!

……、もう……、で……、

「で……ちゃう……、

「……んです……!」

コンコンコンコンコンコン……。

「すいません!

……!

「もう、で……、

「出ちゃうん、です、けど……!」

コンコンコンコンコンコン……。

私は、必死の形相でノックをし叫ぶ娘を隙間から見ていた。

何という醜態だろうか……。

清楚に着飾った、美しく気品溢れる若い娘が……。

私は熱く太く勃起しきった肉棒を、右手で激しく乱暴にしごいた……。

コンコンコンコンコンコン……。

「すいません!あの、出ちゃう……!

……!

「(で)……ちゃうん、ですけど……!」

コンコンコンコンコンコン……。

「すいません……!

……!!

「で……!出る……!

「もう、で……

「出る……、で……、

「で……ちゃう、う、う……!!」

コンコンコンコンコン……。

と、ここまでノックした時だった。

突然、娘は静かになり、バッグを持った左手をも股間に当て、うつむいて震えてしまった。

見ると娘のスカートは、何と両手で押さえた股間部から周辺部一帯にかけ、みるみるうちに濡れて、色を変えて行くのだった……!

柔らかな生地で作られた薄桃色のスカートは、股間部から次第に液体を吸い込み、色を濃くしながらベッタリと重くなって行った……。その範囲は、たちまち上はウエスト部分へと至り、下はロングスカートの裾を目掛けて一気に広がって行った……。

(うわ……!ついにオモラシをした……!!)

私は目を見開き、一瞬、右手の動きを止めて見た。

私の鼓動は急激に高まり、耳元ではドクドクという重低音が大きく鳴り響き始めた。

それは、あまりにも衝撃的すぎる光景だった……。

清楚なあの娘が、目の前で立ったままオモラシをしてしまった……!

私は再び右手を動かし出し、今まで以上に激しくモノをしごいた……。

美しい、あの顔……。

楚々とした余所行きのワンピース……。

(あの娘が、ついにオモラシしてしまっているのだ……!)

私は夢の中にでもいるような気分でモノをしごいていた。

私の覗く隙間のすぐ前で、娘は中腰になり、失禁していた。

彼女の顔は苦しそうに歪み、閉じた瞼からはポロポロと涙がこぼれていた。

白い薄手のストッキングに覆われた娘のふくらはぎと足首には、黄色い液体が急流となって伝わり、ハイヒールの中と外側とに流れ込み、また流れ出していた。

大理石調の床の上には水たまりがみるみる広がって行き、スカートの中からは、その水たまりへと水滴がポタポタと落下して行った……。

娘のスカートはもはや、前側が一面ビショビショに濡れてしまっている。

私の鼻腔には、今やあの芳しい香に代わって小便の匂いだけが、ただ強烈に漂って来ていた……。

私は右手を猛烈に動かし、そして失禁する娘の全身を舐めるように見回した。

美しい黒髪……。

真っ白な、整った顔立ち……。

襟元には薄桃色のコサージュ……。

小便に汚されて行く真っ白なハイヒール……!!

私は右手を猛烈に往復運動させ続け、そして、しゃがんでいる便器の中に、やがて匂いのきつい白濁液を、思う存分、解き放った……。

 

 

失禁を終えた娘はヒーヒーと号泣し、ただうつむいて立ちつくすばかりだった。

スカートは前側が一面びしょ濡れ。

床の水たまりには相変わらずポタポタと、スカートの中から滴が垂れ落ちていた……。

物凄い小便臭である。

空気と触れる面積が広いせいか、娘の周囲には私が便器に放尿した時よりも数倍強い尿臭がトイレ内へと漂い出していた……。

あの娘がオモラシしてしまったとは、未だに信じられない……。

私は、再びムクムクと膨らんで行くイチモツを右手に持ちながら、美しい(しかし今や小便まみれとなってしまっている)清楚な娘の姿を覗き見ていた……。

娘はヒーヒーと号泣しながら、スカートの前側を両手でつまみ、広げて見た。

そして、さらに足下を覗き込み、彼女は取りあえず水たまりから出て行った。

(さあ、どうするんだ……?その格好じゃ、テーブルに戻れないぞ……?)

私は心の中でにやけつつ、娘を責め、楽しんだ。

娘は、すると左手に持った白いバッグと、右手とを顔に当て、壁を背にしてしゃがみ込んでしまった。

彼女は深く顔をうつむかせ、激しく号泣した……。

(恥ずかしいだろう……。)

(オモラシ、だもんなあ……。)

私は心中で娘を罵り続けた。

と、その時である。

私は、また新たな悪戯を思いついてしまったのだった……。

私はトイレット・ペーパーに手をかけると、カラカラと音を立てながら引き出し始めた。

もちろん、隙間からは娘を見たままだ。

すると娘はハッとして顔を上げ、立ち上がり始めた。

期待通りの反応だった。

娘は個室から人が出て来ると思い、慌てているのである。

私はさらに、もう一度ペーパーを引き出した。

娘は立ち上がったまま、左右を見て狼狽している。

私はほくそ笑み、そして粘液にまみれた自分の両手をそのペーパーで素早く拭くと、便器の中に丸めて捨てた。

そして私は、続いて水洗のレバーに手を掛けた。

シュゴーッ……!

便器の中に水が流れた。

私の小便と、今捨てたトイレット・ペーパー、それに先ほどの白い粘液とが流されて行く……。

娘は、落ち着きなく狼狽しながら、こちらをチラチラと見て慌てていた。

(さあ、どうするんだ……?外には出られまい……。しかし個室からは人が出て来ちゃうぞ……?)

私は激しいサディスティックな興奮に、胸中をくすぐられる思いでいた。

(さあ、どうする、どうする……?男の人かも知れないぞ……?)

と、そこで私は、またあることを思い付いた……。

「んっ、

えっへんっ……。」

私は、大きく咳払いをしたのだった。

男の咳払いである。

娘は案の定こちらを見た。

その時見せた彼女の表情……!

それは実に何とも、言いようのないものであった……。

それは、何というか、驚き、焦り、羞恥と絶望とが、全て入り交じったような表情、とでも言おうか……。

私の嗜虐心は、あの一瞬にまた、一層満たされたのであった……。

――個室に入っていたのは男の人だった……!

娘の驚きは大きかったらしい……。

その男性の前で、彼女は「もう、私、出ちゃう」などと、はしたない言葉を連発し、そして、あられもない大醜態を晒し尽くしてしまったのである……。

――あの、すいません……!

――

……、もう……、で……、

――で……ちゃう……、

――……んです……!

――すいません!あの、出ちゃう……!

――

んっ……!

――(で)……ちゃうん、ですけど……!

――すいません……!

……!

――で……!出る……!

――もう、で……

――出る……、で……、

――で……ちゃう、う、う……!!

娘の顔は、みるみる真っ赤に染まって行った……。

――私、オモラシまで気付かれてしまったかも知れない……!

娘はそこまで心配したかも分からない……。

彼女は激しくうろたえ、ドアの方へと身体を向けた。つまり、私に背を向ける格好になったのである。

と、その時だった……。

ドアが開いて、一人の男性客が入って来てしまったのである……。

「きゃっ……!」

娘は声をあげ、慌ててまたこちらを向いた。

その男性客は、先ほどいったん入って来て、またすぐに出て行った中年の男性客であった。

彼は今の一瞬、娘のスカートの前面をしっかりと見てしまっていた。

彼は怪訝な顔をして娘にそっと近づくと、「どうしたの……?」と、彼女のスカートの前側を覗き込んだ。

「いやっ……。」

娘はうつむいて泣いたまま、慌てて身を逸らした。

男性は、ふと横を向き、床の水たまりへと一瞥を与えた。

「ありゃりゃりゃ……。

「これ、お嬢さん……、

「……オモラシ、しちゃったの……?」

男性は再び娘に顔を向け、そう問いかけた。

娘は頭(かぶり)を振り、ヒーヒーと泣いていた。

男性は全てを把握した様子で、「大変だ……」と、出口のドアへと向かって行った。

「あ……。」

と、娘はドアの方に振り向き手を伸ばしたが、時すでに遅し、男性はもう外へと出てしまった後であった。

「ねえ……!ちょっと!ちょっと……!」

ドアの外からは、男性が誰かを呼び止める声が、遠ざかりつつ聞こえて来た。

娘は、いよいよ哀れな様子でおろおろと狼狽し始めた。

――誰か呼ばれてしまう……!

――人が来る……!!

娘はスカートを押さえ、右に振り向き、両手を顔に当てたかと思うと、またこちらを向いて号泣したりした……。

「女のコです。若いお嬢さん……。」

先ほどの男性客は、早くも戻って来たようだった。

2人分の足音が近づいて来る。

うろたえる娘の背後で、ドアが勢い良く開かれた。

「この娘さんですよ。このコ……。」

男性が娘を指さし、ウェイトレスに教えた。

娘はこちらを向いたまま思わず全身を硬直させ、そして恥ずかしそうに大慌てでバッグを両手で顔に当てた……。

グレーとエンジのエプロンを付けた若いウェイトレスは、眉間に皺を寄せながら男性に頷き、トイレに入って娘に近づいた。

「お客様……、どうされたんですか……?」

ウェイトレスは、顔をバッグで隠しつつ身体を背けて行く娘を覗き込むようにしながら心配そうに尋ね、そして彼女のスカートが濡れているのに目をやった。

「間に合わなかったのかなあ……、可哀相に……。」

男性も後から入って来て、娘の前へと回って行った。

娘はうつむいて泣きながら、さらに身体を背けて行った。

男性とウェイトレスは、なおも娘の前へ回り込もうとする。

娘はまた身体を逸らして行き、今や開いたままのドアの方へと、身体を斜めに向けた状態となった。

と、その時である。

トイレの外には、大勢の客たちが見物に現れてしまったのだった。

大学生くらいの青年が3人と、その連れの娘が2人。それに中年男性も2人いた。

「あっ!」

「うわっ!」

「うっそー!」

「何あれえ……!?」

彼らは娘のスカートの前側を見て、口々に驚きの声をあげた。娘は、彼らの声を聞くと慌ててバッグから顔を覗かせ、一瞬、彼らを見た……!

やあ……!!」

娘はまた哀れにも狼狽して声をあげ、顔をバッグで隠したまま、大慌てでこちらへと身体を向けた……。

「おい、見たかよ……!」

「あれって、オモラシ……!?」

「さっきの綺麗な人じゃん……!」

「着たまま、やっちゃったんだ……!」

「ウッソー……!あの綺麗な人が……!?」

「うっわあ、水たまりもできてる……!」

青年たちは口々に、そのような言葉を言い放った。

美しい娘は、バッグを顔に当てたまま、こちらを向いて恥ずかしそうにうつむき、大声で激しく号泣していた。

彼女の頬は、哀れにもトマトのように真っ赤に染まってしまっているのが見えた……。

余所行きのワンピースを着た清楚で美しい娘は、今やオモラシの張本人として、人々の晒しものとなって立ちつくしているのだった……。

「お客様、ちょっと外に出ていていただけますか?」

ウェイトレスは先ほどの中年男性に向かってドアの方へと手を差し延べ、トイレから出るように促した。

中年男性はしぶしぶ、といった雰囲気で、娘の方を気にして見ながら出口の方へと歩き出した。

「皆さんも、ちょっと、テーブルの方へお戻り願います。」

ウェイトレスはさらに、ドアの外へと集まった人々にも命じた。

しかし、表の青年たちは、全く動く様子を見せなかった。

しかも、それどころか、そこにはまた一人、新たな人間がやって来てしまったのである。

「芙美子さん……?」

出口の向こうから、誰かしら女性の名を呼ぶ若い男性の声が近づいて来た。

その声を聞いた娘は、何やらハッと驚いた様子を見せ、

「いやっ……!」

と、顔をバッグから上げて叫んだ。

「芙美子さん……?」

声の主はトイレ前に集まった人々を見て不審に思ったのであろう、怪訝そうな声で女性の名を呼んだ。

「来ないで下さい……!」

娘はこちらを向いたまま、大きな声で、そう叫んだ。

「芙美子さん……?」

男性の声が野次馬のすぐ後ろから聞こえた。

野次馬の後ろには、身長180センチを越えるであろうスマートな青年が顔を出した。

「橋島(はしじま)さん……!お願い!来ないで下さいっ……!!」

娘はそう絶叫し、そして再びバッグを顔に当てた……。

どうやら、2人は連れ同士のようだった。

「芙美子さん」「橋島さん」という双方の呼び方から見て、2人はまだ交際し始めてから間もない間柄のものと思われた。

何と娘は、悲惨にも、まだ知り合ったばかりである交際相手の青年に、オモラシ現場まで来られてしまったのであった……。

「どうしたんですか、芙美子さん……?」

「いや!橋島さん……!見ないで下さい……!!」

娘は顔にバッグを当てたまま、こちらを向いて頭(かぶり)を振りつつ絶叫した。

背の高い青年は、よく事態が飲み込めない様子で、ポカンとして野次馬の後ろに立っていた。

と、その時である。

野次馬としてトイレの外に立っていた中年男性の一人が、その青年に向かって、こんな説明をしてしまったのだった。

「オモラシしちゃったんだよ、あのお嬢さん……。」

娘はそれを聞くと、「いやああっ……!」と大きな声をあげ、激しく数回、頭(かぶり)を振った。

「スカートの前側……、さっき見たらビッチョビチョ……。」

「いやああっ!嘘です!!言わないで!いやあああああああ

……!!」

娘は片手をスカートへ下ろしつつ、大きく頭(かぶり)を振って絶叫した……。

「ええっ……?」

橋島と呼ばれる青年は目を丸くして娘の方を見ると、その斜め前方の床の上に黄色い水たまりを発見した。

「ほら、あそこに水たまりもできてるだろ……?」

先ほどの中年男性は、青年に水たまりを指さして示した。

「いやあああっ!嘘ですっ!!橋島さん見ないでえええええっ……!!」

娘は激しく頭(かぶり)を振りながら、真っ赤な顔を一層赤く染め、絶叫した。そして彼女は、スカートに当てていた手を再び顔のバッグへと戻すと、その場にしゃがみ込んで行き、そのまま見るも哀れな号泣を我々皆の前に披露したのだった……。

 

 

この恋は、可哀相だが、これで終わりだろうと思われる……。

彼氏が構わぬと言ったところで、あの娘はもう恥ずかしくて交際などはできぬことだろう……。

何時(いつ)よりも綺麗な自分を見せたかったに違いない、まだ回数を重ねぬ前のデート。(初回だったかも分からない……。)

悲惨にも、あの娘は、そんな大事な席の最中に、何とオモラシしてしまったのだった……。

私は野次馬と彼氏とを背にしゃがみ込んで号泣する哀れな(しかし美しい)娘の姿を覗き見ながら、再び熱く勃起したモノを、猛烈に、激しく、しごいて行った……。

(完)

 


さて上の作品中「……と、その時であった」は何回出て来たでしょう?(^_^;

まだまだ文章修行が足りませんね……。御感想などは、どしどしtiara@aiueo.artin.nuまで。(<ちなみに正解者の方には何も当たりません。m(__)m)

 

この物語はフィクションであり、登場する人物、建物などは全て実在しません。

本作品の著作権は、本作のアップロード日から50年間、愛飢汚が所有するらしいです。


羞恥小説のページトップへ。


ホームへ。